消費者金融の返済を延滞・滞納しておくとどうなる?

消費者金融へ返済を行わず、ずっと滞納するとどうなってしまうのでしょうか。この場合、当然、取り立てが行われるわけですが取り立てにもランクがあって、滞納期間が短いほど軽いです。具体的な方法ですが、二週間ぐらいまでであれば電話のみで行われます。もし、電話に出た場合でも、なぜ返済をしないのかと強く責められることはあまりなく、返済期日を過ぎていることを伝えられ、いつ返せるのかを問われるだけです。
それを過ぎると消費者金融から郵便が届きます。内容は電話による督促よりも厳しくなっていき、非常に困っていることと、このままだと法的手段も辞さないということが伝えられます。もちろん、電話による督促も平行して行われることになります。
半年ぐらいまでは電話と手紙による取り立てが延々と続いていくことになりますが、半年を過ぎると消費者金融によって新たな取り立て方法を使ってきます。債務者本人の自宅を訪ねるというものです。この段階まで進むと一括払いで返すようにいってきますし、仮に返したとしても再びお金を借りられるようにはなりません。全額返した時点で契約は完全に破棄されることになりますし、そのあと、再び申し込んだとしても社内サーバーに金融事故を起こした人間として記録されるので、審査に通ることはまずありません。
この段階が過ぎてもお金を返さない場合は、消費者金融口コミを見てみても、消費者金融が他社に債権を売ることもありますし、裁判を起こしてくる可能性も出てきます。

全身脱毛の契約における注意点

お試し脱毛の利用などではじめて脱毛サロンを訪れたとき、サロン側のセールストークに負けてついつい他のコースの契約をしてしまった、という方は少なくないと思います。しかし、よく検討せずに契約をしてしまうとあとで後悔することもあります。特に全身脱毛の場合、施術箇所も多いですしコース料金もそれなりに高額です。全身脱毛時の注意点を述べていきます。
まず注意していただきたいのが、契約期間に有効期限があるかどうかという点です。コースには回数が6回や12回など決まっていますが、その他に有効期限が設定されていることがあります。例えば、有効期限が2年であれば、途中でなかなか通えない期間があったりしてもし回数が残っていたとしても、期限が過ぎてしまえば残りの施術分は受けられなくなります。
全身脱毛の場合、特に12回、18回と長い期間通う方も多いですが、長い期間通うということはその間に私生活の変化がある可能性もあるということ。例えば結婚や妊娠、引っ越しなどで、サロンに通うことができなくなったりまた子育てが落ち着くまでは通えない、となる可能性だってあります。有効期限があるサロンを選ぶ場合には、こうした点も納得の上でコースを選びましょう。
また、解約手数料や返金制度もチェックしておきたいポイントです。事情があって解約したいという場合に、残りの回数分の費用を返金してくれるところとそうでないところがあります。解約をしないというのであればいいですが、前述したように私生活の変化の可能性もありますしまた実際通ってみたら思ったのと違っていた、ということで解約したくなる可能性もあります。もしものときのために、こうした部分も手厚いサロンがやはり安心です。

背中の脱毛を徹底解剖!

背中の脱毛は自分では見えにくい部分なのでついつい処理を怠りがちです。
ですが、ムダ毛の無い綺麗な背中はそれだけで十分魅力的です。
あまり気にしてなかった、なんて方もこれを気に自分磨きの項目に追加してみてはいかがでしょう。
背中の毛は基本的にはうぶ毛が中心なので、除毛クリームを使うのがオススメです。
縫って放置するだけなので入浴中に処理してしまえば、そのまま洗い流せて時間的にも簡単です。
ただし、パッチテストは必ず行いましょう。
また、脱毛ではなく脱色して目立たなくすると言う方法もあります。
毛を肌に馴染む金色にする事で、ぱっと見は目立たなくなります。
注意するのは、必ず専用の薬剤を使用する事。
今ではムダ毛用の脱色剤も数多くありますので、一度試してみるのはいかがでしょう。
カミソリや電気シェーバーを使う方法もあります。
見えない部分に刃を当てるのが怖い気もしますが、最近のカミソリには刃が横滑りしても
肌がきれないセーフティガードの機能が備わっているものも多くありますので
カミソリ選びさえ間違えなければそうそう肌を傷つけることもありません。
共通して言えることは、処理し損ねた部分がないか鏡を使って細かくチェックすること、
処理後の肌は敏感になっているので、保湿をしっかりし、極力刺激を与えないようにする事が大事です。
背中の脱毛にも様々な方法がありますので、
自分の体質やスタイルに適した方法を選択するようにしましょう。